『宮廷プリンセスナイト』

作品レビュー紹介

ただのキラキラ物語では絶対終わらないと思ったら……!

一式鍵さん(カクヨムレビューより抜粋)

序盤は本当にキラキラしてて眩しくて、読んでてクラクラするという展開ですが、ここで離脱しようとは全く思いませんでした。なぜなら私、この作者さんの「夜勤」という作品を以前読んだことがありまして。その経験から「あ、これ、絶対裏切ってくる!」という確信を持っていました。一筋縄ではいかないぞ、という手応えを感じたんですね。

その予感は見事に的中! どころか、それを超えました。
え、あ、そうくる、え、そうきちゃうの、まじで!?
みたいな。

結果として「読み通した私、GJ!」という経験を得ることができました。
文章も構成も、さすがの力量です。綿密に練られた構成に脱帽です。

何枚もの仮面。そして、知られたくない本当の私――。

夷也荊さん(カクヨムレビューより抜粋)

 国民を黒入道や黒影から守るプリンセスナイトは、今日も空を駆ける。その正体は、何と王宮のメイド! しかも、最下位級の平メイドで、名前すらメイド番号の「番子」だった。プリンセスナイトとして市井を守る彼女は、仕事に遅れ気味で、いつも怒られっぱなし。

 しかし番子には秘密の親友がいた。それは、国の姫である美少女だ。しかも、光の国と国交がある青き国の王子と番子は、恋仲だった。身分違いの恋。それを取り持ってくれていたのは、親友であり、番子のプリンセスナイト正体を知る姫だった。姫は番子を飾りたてて、王子に紹介していたのだ。番子は自分の身分を隠しつつ、王子との逢瀬を楽しみにしていた。ところが番子には幼馴染の騎士もいて?!

 国内では黒入道と黒影という正体不明の悪者が猛威を振るっていたが、プリンセスナイトは戦いの中で、黒入道や黒影が市民の味方だという話を聞く。そしてそれが王家の呪いであり、プリンセスナイトの存在意義であることも――。

 そして明かされる番子出生の秘密と、過酷な運命。

 さらに、王子が番子に結婚を申し込んできて?!

 果たして、二つの国が選択する未来と、プリンセスナイトの運命は?!

 『夜勤』、『雨の庭』で知られる独特の世界観に定評ある作者様最新作にして、原点となるこの作品! 朝読賞も狙える痛快さもありながら、魅力あふれるキャラクターがクルクルと動き回り、読者を飽きさせません。今までにない異世界ファンタジー。

 是非是非、御一読下さい!

作者にお気軽に会いに来てください

主なLIVE配信時間:22:00~0:00ほか

アカウント名「友浦乙歌国王」

↑Pococha内で「友浦乙歌」で検索!

友浦の記事がここで読める

FANBOXでは友浦の毎月・毎週の予定や、作品制作の様子や、友浦の想いを深くまで知ることができます。

月額100円で全ての記事が読めます。

毎日更新目指して頑張っています。(週3~5回が多いかも)